より精巧な製品を作り上げることが可能となる

CADを採用する利点として、パソコンの画面を通じてあらゆる角度から立体的なデザインができるようになり、自動車部品や家電、家具など、より精巧な製品を作り上げることが可能となります。また、制作途中や完成したデザインのデータは部署内で自由に共有でき、社員によって勤務時間が異なる職場においても、期限内に効率よく製品を仕上げられるといった魅力があります。最近では、コンピュータグラフィックスの専門知識や技術を持たない人でも、比較的簡単に操作方法を覚えられるCADのソフトもあり、業種にかかわらず多くの企業内で導入が進んでいます。なおお、クオリティが高い製品をスムーズに製作するうえで、早い時期から自社内の事業内容や社員のスキルに見合ったソフトを見極めることが重要となります。

最少人数の社員で業務をこなせるため人件費節約になる

CADは、製品の品質向上だけでなく、人件費節約の観点からも注目されており、特に経営上の理由で多くの社員を採用したり、自社内で育成したりできない企業にとって役立つツールとして位置づけられています。そうした中、CADを導入してから順調に製品開発やデザインなどの作業を進めるうえで、時間を掛けて色々なソフトの費用対効果について、自社内で検討を行うことが肝心です。一般的に、開発されたばかりのCADのソフトは、多種多様な業種に対応しているものや、便利な機能が搭載されているものが多く、導入コストが高めになる傾向が見られます。そこで、自社内の担当者だけで上手く業務をこなせるようにするため、余裕を持って複数のソフトのコストの相場を把握することが重要です。

電気CADとは、電気設計をサポートすることでパソコンを使って効率的に設計や製図を出来るようにするシステムのことです。